自動車処分に関して最近流行っているのがオンラインオークション経由での個人間取引です。オンラインオークションのメリットはいくつかありますが、例えば、中古車のお店や下取りを依頼する場合よりも高額で売れるという点です。ご自身が売りたい自動車の時価をみて物足りないと思うのでしたら競売を利用することで大きい金額で売却することができます。ただし多少の出品に時間を取られるのが負担になるかもです。出品するのならば、普通の競売サイトを利用するのではなく中古車情報サイトや専門店が訪れるサイトで競売に出すのが良いと思います。そういった競売サイトを選べば数種類の出品テンプレートがありますのでそれらを利用して情報を記載していくことで素人でも簡単に出品することが可能です。オークションで売るポイントとしてクルマは画像の映りが購買に大きく左右してきます。この写真を手掛かりに購買者は車の程度をみると言っても差し支えありません。用意をする画像はどの面の外装は当たり前ですが、カーテレビ、スピードメーターなど内装も理解しやすいように掲載すると良いと思います。また、自動車の出品後のトラブルを可能な限り防止するために瑕疵、気になる点などがあるようならば説明が必要な個所を残さず写真を見てチェックできるようにする必要があります。車も同じです。また記載するべき内容として電装系パーツやエアクリーナー、LSDやヘッドライト、外装パーツ、メーターパネル、サイドステップ等のドレスアップパーツが含まれる車両でしたら、詳細に掲載したうえで写真を撮っておくと良いですね。先にあげたカーオーディオやサスペンション、タコメーター、ロワアームバーやサイレンサー、ネオン管、ドアミラーなどの社外パーツは人によってはご存知の通り魅力的です。ネットでのやり取りの中で売却後のトラブルを防止する方法のひとつとして、事故歴や不具合があれば、絶対に分かりやすく掲載するようにする必要があります。自分で競売を使うのが実際に困難というのならばオークションサイト代行業者を利用して、この業者にに依頼するという手もあります。一般のインターネットオークションではなくって自分の車両を専門業者が集うオークションサイトに出して代行してもらう形になるようです。車の査定相場が一般的な取引相場ではなく専門業者間の相場なので普通のインターネットオークションと比較すると少し高い金額になる可能性が高いです。代行専門業者のコミッションを抜いた形で自動車の売値が支払われますので、オンラインオークション代行業者の販売力や手数料によってオークションサイトに比べて結果的に売値が下がることもあるのです。こちらのネットオークションは相当オークションサイトを代行してくれる業者の販売力が大きいですから実力のある業者に依頼するのが重要です。オークションのトラブルは委託している形になるので実際に少ないと言えます。どのようなインターネットオークションの形式でも言えることですが、ご自身の自動車について都合の悪いこと(傷やエクボなど)情報公開しないでいると、返金になったり最悪の場合は訴訟になる可能性もあるでしょう。自らの愛車の詳細は書いていくようにしてください。